大学進学を目標に選んだ予備校の魅力とは

独学ではわからなかったこと

私が通っていた予備校はカウンセリングや個別指導などが充実しており、あまり手厚くサポートを受ける事が苦手という人もいましたが、私自身は自分の成績や勉強の状態をしっかりと確認して貰える方が安心でした。
大学受験を経験して感じたことですが、志望校の合格という大きな目標をクリアするためのモチベーションを保つことは決して楽ではありません。
成績が伸びずに不安になる事もあれば、自分が今どの位置にいて、次にどの方向で進めていいのかが分からなくなる瞬間もあります。
受験のプロの分析や受験対策に基づいた的確な指導やアドバイスが大きな心の支えになった事は間違いありませんでした。
また、多くの受験生が目標を持って通っている場所は、受験のモチベーションを保つ為にも大きな刺激になりました。
自分自身で勉強をするという強い意志ももちろん必要ですが、授業を集中して受けるだけで無く自由に利用出来る自習室で勉強する事で、無駄な時間を創らずに効率よく勉強する時間を増やすことが出来たのです。
定期的に開催される模擬試験を受けることで、自分の成績がどの程度アップしているのか志望校へ合格する為にあとどのくらい成績を上げないと行けないのかを適宜確認することが出来ます。
予備校独自のセンター対策様の授業やテストを受けることによって、必要な勉強方法を確認できたり効率よく勉強して成績を上げて、自信を持てるようになってきた事も大きな魅力の一つと感じました。
無事にセンター試験の合格ラインを通過した後に、滑り止めとして受ける学校に論文試験がありました。
論文対策にも丁寧な指導をして貰った結果、志望校と滑り止めの2校両方合格できました。
私立大学を全く受けないチャレンジは不安もありましたが、信じて通って良かったです。

いま2018/4/17 0:28:32ですよ。
全国医学部最新受験情報 2016年度用 1円~ 医系専門予備校メディカルラボ 時事通信社 https://t.co/3XJYjFtwb7 pic.twitter.com/LmXdbjTIuj

— 文芸だいすき (@kenzieub) 2018年4月16日

現役合格するために : 目標設定 : 独学ではわからなかったこと